QUICKDEAD / what ever happens (CD)

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 佐川急便600円

    全ての商品対応で丁寧に梱包し発送致します。

    全国一律 600円
  • メール便150円

    簡易梱包■ポスト投函※ケース割れ保障ナシ
    通常5日前後

    全国一律 150円

※9,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

東京の大人気メロディックパンク/クイックデッドの新譜!


1. Lost in society
2. Animal weifare [ELVN38 Ver.]
3. PM2.5
4. 1138
5. Bong song
6. Never had so much fun



90's のウェストコーストPunk とボードカルチャーを骨の髄まで染込ませた"Quickdead"。マイペースに活動していた彼らが、ここに来て活性!前作「The Way To Fun Houese」から半年、早くも新作「Whatever Happens!!」をドロップ! !前作と変らないレコーディング環境ながらその相違は、半数を占めるギターボーカルのATSUxKICKがボーカルを努める楽曲だ。
また、ミドルテンポの曲が多いのも今作の特徴。シンプルというよりは単調な巷に溢れるパンクバンドとは違い、変化に富む作品だ。
肩の力を落とし90's のウェストコーストPunk とカルチャーが香る演奏は、正にQUICKDEAD。今作は、そんな離れ業を形に出来た稀な作品! !
最近では、SABANNAMAN。過去にはくるり、BRAHMAN、COKEHEAD HIPSTERS、Hi-Standard、Hawaiian6 等を担当したエンジニア清野修によりStudio Sound Crew でレコーディング。
また、マスタリングはDRADNATS、SABANNAMAN、PONTA、SpecialThanks、the band apart、そして過去には、Comeback My Daughters、CUBISMO GRAFICO FIVE、KEN YOKOYAMA の作品を担当したaubrite mastering studio の橋本陽英が担当。